NEWS

AUTUMN & WINTER 2017 EXHIBITION

2017/03/14

AUTUMN & WINTER 2017 EXHIBITION

下記日程にてSPRING & SUMMER 2017 EXHIBITIONを行います。
※一般の方はご来場できません。

 

日程:2017.3.21(火)〜3.31(金)
時間:10:00am – 7:00pm / 3.21:12:00pm – 7:00pm
場所:UNITE NINE showroom 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-12-24 東建・長井ビル1F 受付

 

BRANDS

 

img_0314-2

REMI RELIEF(レミ レリーフ)
Japan
www.remirelief.jp
Instagram: remi_relief_official

 

“究極の普段着”
1970 年中期頃のサンタ・モニカとヴェニスの一部の地域に付けられた名称「DOGTOWN] が好きで「あらゆる漂流物が海に流れ出す場所」と称され、新しいカルチャーが次々と生まれた時代と場所に憧れがあります。その時代の写真を見ているとものすごくスタイリッシュで単純にカッコイイと思うのに良く見ると服は普通で主役ではない。僕は服はそういうものなんだなと思っています。REMI R ELIEF の服は気合を入れて着る服ではなく日常を少しだけ彩る普段着です。着用した瞬間から何年も着込んで馴染んだように見える為の素材、加工を提供し、違和感を感じない、疲れない衣料をお届けしたいと思っています。
「 REMIX=工夫、想像」「RELIEF=省く」を意味しています。ひとつひとつの工程に想像、工夫を付け加えながら余分な物は取り除き、省いていく結果「良い物」がうまれるという“MEISTER” の思想がブランド名の由来です。
「HIGH Q UALITY O F L IFE」量では無く「質」という思いを基に、糸、撚糸、編み立て、プリント顔料、加工と全てを拘りながら、無駄を省いた「究極なアメリカンベーシ ック」を追求しています。

Designer:後藤 豊(Yutaka Goto)

 

TCSS × REMI=[CAHOOTS]
加工や素材に拘りをもった「REMI RELIEF」と、モダンとレトロの融合を独自のアート感でファッションに落とし込む「TCSS」の両ブランドが17SS よりスタートしたオリジナルレーベル「CAHOOTS]。CAHOOTS(カフーツ)とは“一緒に企む” などの意味があり、リゾートや都会で着用できる上質な“普段着” を提案します。

 

 

 

img_0314-6

SlowGun(スロウガン)
Japan
www.slowgun

 

「なつかしくて新しい服」が、基本テーマ。
60〜70年代の映画、音楽をインスピレーションの根源とし、「次の最新」を、時代の気分や過去のエッセンスから抽出。
デザインからウェア製造までのアプローチを行っている。

17-18 F/W THEME
「アイコニック・ピース」
時代を象徴するちょっと現場で流行っているマニアックな古着を今の気分で再構築するプロジェクト。

 

 

 

img_0314-6

CAL O LONE(キャルオーライン)
Japan
Instagram: cal_o_line_officail

 

アメリカ黄金期のカルチャーと、後の自由を求め生まれたカウンターカルチャー。相反する2つのカルチャーを彩った、様々なファッションを独自の解釈で再構築します。ファッションのベースとなるWORK、MILITARY、OUTDOOR、UNIFORMのカテゴリーを軸に、オーセンティックでユニークな日常着を提案します。



Designer:金子 敏治(Toshiharu Kaneko)
10代の頃よりアメリカンカルチャーとサーフィンに傾倒し、ブランドのデザイナーやディレクターを経て、自身の今までの経験やライフスタイル、精通するVINTAGE の要素を反映させたブランド、CAL O LINE を2015AW よりスタートさせる。

 

 

 

img_0314-6

NYUZELESS(ニューズレス)
Japan
www.nyuzeless.com
Instagram: nyuzeless

“ある源から別の物または事が枝分かれして生ずること”
NYUZELESS は旧き良きアメリカのWORK・MILITARY をベースとした様々なVINTAGE エッセンスを現代風に再構築したブランドです。
生地・縫製・加工に於いて常に新しい方法を模索・実践し今までにないアイテム作りを行っています。
特徴的なART DESIGN は全て<NOWARTT>の足立豊樹氏が担当し、毎回テーマに沿った独特なテキスタイルデザインやグラフィックの世界観がより作品を際立たせています。

 

 

 

img_0314-6

THORNY PATH(トーニー パス)
Japan

デニムの聖地と呼ばれる岡山県井原市。そこを拠点とするモードプランニング デザインチームによる新プロジェクト“藍” を連想させる“INDIGO BLUE” をキーワードにオーセンティックを現代風に解釈し、リアルクローズを意識しつつも一癖ある、そんなユニフォームのようなデイリーウェアを提案します。

日程:2017.3.21(火)〜3.31(金)

時間:10:00a.m. – 7:00p.m.

場所:UNITE NINE showroom

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-12-24 東建・長井ビル1F 受付

お問い合わせ